忍者ブログ
RECENT COMMENT
[11/16 つきかえ]
[11/04 メソ]
[11/02 綿ボンド←]
[10/17 綿ボンド]
[10/15 つきかえ]
RECENT ENTRY

ピロ水道

~気まぐれに絵描いてくブログです~
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07
BG CHANGE
CLICK HERE!

06.27.12:37

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/27/12:37

09.07.05:06

生まれた意味を知る

etya19.jpg落書きですがグレンラガンの映画見てきたので描きましたー!!

名古屋のゴールド劇場へ見に行ったんですが

13時15分のを見るつもりで行ったのに

人が多すぎて15時45分からのものを見ることに・・・。

さすがグレンラガンは伊達じゃないっ!!!

しかも公開初日だったからなおさらかな??w

時間つぶしにアニメイトに行ったんですが

なんと終わりのクロニクルの川上 稔氏の新シリーズである

境界線上のホライゾンがでてるじゃぁあーりませんか!!!

今もですが、表紙を見ながらニヤニヤしております(・∀・)ニヤニヤ

やっぱりさとやすさんは神だぜぇ・・・。

今日読みふけろうそうしよう(ぉ

1巻の上からいきなり分厚さMAXだぜぇぇええええ!!!(ダメだこいつ早くry

肝心の劇場版天元突破グレンラガン紅蓮編ですが、すばらしかったです>w<

もっかい見てえええええええええええ!!!!!!!!!!

細かい感想はネタばれ含むんで続きに記載しますね^^;

内容は螺旋王ロージェノムに出会う前くらいまで進みました!!

個人的な見る前の想像ではテレビ版の総集編という感じで、ちょこちょこ新規描き下ろしシーンがあるのかなぁと思っていたのですが

案の定途中まではそうでしたww

冒頭はロージェノムがアンチスパイラルに挑み、破れ、人間を地下に封じ込めるようになったことを

神がかった作画と動きで表現されてました><

そのあとは完全に総集編・・・。

とりあえず8話でカミナァァアアアアアア!!!!と再びなったのは言うまでもありません(ぉ

その後ニアに出会ってからがガイナックスの本領発揮でした!!

アディーネに初めて出会う場面で、アディーネはニアが捨てられたことを把握し、殺そうとしたあと

シトマンドラとグアームの部隊がいきなりダイガンザンを取り囲むように現れてふくろだたきにwww

ここで驚きだったのがヴィラルがダイガンザンドゥなるものに乗ってたことwwwwwwwww

結局ドゥなんだヴィラル・・・。

ここでゲンバーVS黒の兄弟、エンキドゥVSロシウ搭乗グレン、白兵戦でヨーコVSアディーネという構図に。

シトマンドラのシュザックに連れ去られたニアをまだ立ち直ってないシモンが追い

それに気づいたヨーコがカミナの言っていた例の昔話を理解。

『俺を救ってくれたのはあいつだ・・・あいつの背中に笑われない男になる!!』

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

ここでシモン復活!!

もうこのあたりの新規のシーンの作画はやヴぁいです!!やヴぁいです!!!

ニア!助けにきたよ!!→僕わかったんだ!!→私もよシモン!→ロシウ!!合体だ!!!!

挿入歌が流れ始めて、この合体で同時に羽根もはえるグレンラガン。

兄貴は死んだ!!もういない!!!

ここのシーンのかっこよさはホントに鳥肌ものでした・・。

いつものグレンラガンらしくここで一気に勢いに乗って形勢逆転なんですが

なんとここで四天王のダイガン4機が合体wwwww

名前がドテンカイザンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

これが一番笑えたかもしれないww

こいつをなんかすごいギガドリルブレイクで倒して終了という感じでしたw

ここで終わるということは2部の螺巌編はどこまでいくんでしょう??

アークグレンラガンででかいムガンを倒すあたりまででしょうか・・・?

なんにしてもものすごく楽しみです>w<

ヨーコ専用のダヤッカイザーピンクVerもでてきてたし、これからだんだん話が変わってくんでしょうか?w

1部でこの熱さ・・・ラストの3部はいったいどうなるんだろう・・・。

なんにしても必ず見に行きます!!!

ここまで長々と駄文に付き合ってくれた方ありがとうございました^^;

それでは今日はこのへんで>w<ノ

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら